実用書

ギャンブルから投資まで知ってると得する”教養としての数学”

お久しぶりです。夫です。 実は我々夫婦、最近引っ越ししまして、もろもろ忙しくて更新できていませんでした。 引っ越したらまず何をするか。読書好きならやっぱり、近所の本屋さんに行く!でしょう。本屋さんはお店はもちろん、地域によってもかな...
実用書

人を動かす極意【仕掛学】を学べば世界が少し良くなる

さて問題。あなたは地域の集まり(町内会とか、マンションの組合とかそういうの)に参加していて、「ポイ捨てを減らそう!」という取り組みのリーダーに任命されました。大した予算はないので、立派なゴミ箱を設置したり、警備員を雇ったりすることは難しそう...
実用書

現代版「人を動かす」他人とうまくやっていきたい自己中人間のための実用テクニック集

うちの妻が「話を聞かない男、地図が読めない女」という本を紹介していましたね。この本、僕が紹介したのですが、僕は昔に読んでいたので最近のフェミニズムにすごく違和感を覚えています。 夫 ちょっとここからフェミニズムに...
資産形成

アメリカの高校生が学んでいるお金の教科書|唯一の最適解は投資すること[Part2]

こんにちは、夫です。さて「アメリカの高校生が学んでいるお金の教科書」の続き、今日もお金について学んでいきましょう。 わざわざPart2を読んでくれている人に、なぜお金について学ぶことが重要なのかを説明する必要はないですよね。 僕...
資産形成

アメリカの高校生が学んでいるお金の教科書|お金の悩みを解消する知恵[Part1]

おい、夫よ。金の話が多くないか?というツッコミがあるかもしれませんが、まあ仕方がない。 お金の話をするのは卑しいとか、お金にうるさいやつは嫌われるとか、そういう謎の文化もありますが、実際問題、僕らは自分の時間やスキルを使ってお金を稼ぎ...
ビジネス・マーケティング

あたりまえのことの大切さを教えてくれる人生哲学「あたりまえのアダムス」

アダムスはあたりまえのことをしただけなのに成功しました。 なぜ、アタリマエのことをしたら成功したのでしょう? あたりまえのこととは何でしょう? どうすれば、あたりまえのことができるのでしょう? こんな一文で始まる歴史的名著「あたりま...
自己啓発

健康と富と自己実現の宝箱:300年近く受け継がれるベンジャミン・フランクリンの「プーア・リチャードの暦」

二十歳頃、ベンジャミン・フランクリンにハマっていた時期がありました。 アメリカ独立宣言に関わった政治家、外交官でありながら、印刷業で成功した起業家であり、雷を研究して避雷針を開発した研究家でもあります。100ドル紙幣の肖像になっていること...
自己啓発

2021年に読み直すから価値がある「完訳 7つの習慣」

20歳の時、知人に紹介されて読んで最も人生に影響を与えた本。スティーブン・R・コヴィー博士の「7つの習慣」です。 個人的には、人生の早い段階でこの本を読んでいるかどうかで、人生の質というか、満足度が大きく変わるんじゃないかと。元々、小説や...
ビジネス・マーケティング

「それでも音楽はまちを救う」ミュージックツーリズムという音楽のあり方

今日紹介するのは八木良太さんの「それでも音楽はまちを救う」という本。 タイトルだけ見ると音楽の価値や活動についての本かなと思いますが、音楽ビジネスに関する本です。この本が発売されたのは2020年8月。つまり、コロナ禍です。 20...
資産形成

資産形成の第一歩【本当の自由を手に入れる お金の大学】で学んだこと、実践すること

今回紹介するのは両@リベ大学長の「本当の自由を手に入れるお金の大学ー一生お金に困らない5つの力が身につく実践型ガイドブック」です。 資産形成、大事ですね。あんまり大声では言いたくないけど、資本主義社会、市場経済の中で生きる以上、絶対避...
実用書

「2030年ジャック・アタリの未来予測」悪い未来、悪い現実。どちらを選択するかは自分次第。

今日紹介するのは「2030年ジャック・アタリの未来予測」 タイトル通り、ジャック・アタリ氏の本ですね。ジャック・アタリ氏は「欧州最高の知性」とかいわれることもある経済学者で、最近の本だと「食の歴史――人類はこれまで何を食べてきたのか」...
タイトルとURLをコピーしました